脳みそ筋肉サラリーマンblog

タグ:経営

【脳筋×ビジネス】


脳筋でも知っておきたいビジネス用語!





今日のお題はこれ!!







【潰れる企業】




とっても変化の目まぐるしい時代に、安定した職業は公務員以外にはないのかもしれません、、、。




ちょっとしたことで、経営が悪化することや、あんなに大手としてやってきていたのに倒産することも多くあるのが企業経営ですよね( ;∀;)





その中で、自分が勤めている企業は今後も存続し続けられるのでしょうか!




今回は、潰れる企業の特徴と、存続し続けられる企業の特徴をみていきましょう!!





■「深化」と「探索」

企業が生き残り続けるかどうかは、リーダーの考え方ですべてが決まります。
そのなかでも、「深化」「探索」のバランスを取れているかが非常に重要なポイントです。







「深化」とは、今のサービスをより良いものにするために力をいれること!
「探索」とは、今のサービス以外の新しいサービスを作り出すこと!





多くの企業は、成功すればするほど「深化」に向かってしまいます(+o+)




自分たちがやってきたことは間違っていない。このまま突き進もう。」という思考になることが一般的だからです!





逆に、「ほかの事業も考えなければならない」と考えることは、自分たちのやってきたことを否定してしまうような気持になるので、あまり考えたくないことのようですね( ゚Д゚)







そうするとイノベーションが起こりません。
結果的に時代の変化についていけず、自分が提供しているサービスが必要とされなくなってしまいます、、、、、。



そのため、サービスをよりよくするための「深化」と、新たなサービスを提供できないかという「探索」をバランスよく行っていかなければならないということですね!!








■すべてはリーダーの考え方

今の勤務先のリーダー(経営者)はどんなタイプでしょうか。



「深化」と「探索」のバランスをうまくとれるかどうかはリーダーの考え方次第で決まってきます!!



上記のように「探索」に向かおうとすることは、現状を否定される気分になるからです。






そんなつもりないのに!!





そのため、会社の中の部下に当たる人間が「もっと「探索」をしましょう!」と息巻いても頭の固い石頭上層部に突っぱねられるだけになってしまうのです(´;ω;`)








そのため、リーダーの考え方次第で企業が時代の流れに合わせて成長し続けられるかどうかが決まってきちゃいます、、、。








ここで深化と探索で大事なポイントを押さえておきます(^^♪

「深化」効率性、生産性、差異を減らすことが強調される。
「探索」要求水準の高い調査、発見、差異を増やすことが重要となる。






これらを見て、今の勤め先の上司は深化と探索にバランス良く力を入れられそうでしょうか、、、。














■イノベーション

探索と言えば、よく「イノベーション」などと言われますが、具体的にどのようなことが重要なのでしょうか。








大前提として、社会の変化により、探索をしなければいけない状況か判断しなければなりません。

深化と探索を同時に100%の力で進めていくことはできませんので、早めの判断が大切ですね(^-^)



自社の顧客には何が必要か」というキーワードをもとに、常に探索が必要かどうかを考える必要があります(^^♪






例えば、



カメラで有名な富士フィルム
こちらの企業もカメラだけではやっていけないと考え探索をし続けました。




化粧品を開発を行うことで新たな事業を確立し、企業を存続させてきました(*'▽')





探索をうまく行うことができた素晴らしい事例ですね!!



ただ、企業が置かれている立ち位置によっては、深化と探索のバランスのとり方が異なります


企業が置かれる4つの立ち位置について、それぞれ見ていきましょう!!









ここでは、
・市場が今のままでいいのか、新たな市場に行かなければならないのかどうか。
・会社にある人材や技術が今のままでいいのか、新たな人材や技術が必要なのかどうか。
この2つの軸をもとに考えていきます(*'▽')




    【富士フィルムの深化と探索】
ストリームイノベーション


【A】今ある組織能力と今ある市場でサービスを提供する立ち位置

既存の顧客を対象にサービスを広げていくことが重要です!

基本的には深化に特化していくべき立ち位置となります(*'▽')

ただ、それだけでは通用しなくなれば、市場か組織能力を新しく作り上げないと倒産しちゃう可能性がでてきます、、、。




【B】新しい市場で、新しい組織能力を作り上げ勝負しなければいけない立ち位置

先ほどの事例で上げた内容ですね(*'▽')
カメラのフィルムにあるコラーゲンを作り出す技術をもとに、化粧品業界へ乗り込んだというイノベーションです!







既存の事業だけではこれ以上やっていけない!!
ということであれば、探索に特化する立ち位置となり、今ある技術を活かして新しい市場で新しい人材を投入し、勝負しなければいけません(^^♪




ただ、リスクも大きいので、思い切ってここに資源を投入できる企業は少ないです。
さらに、頭の固い経営陣であれば、よりリスクは取りたがらないでしょうね、、、。(+o+)




【C】新しい組織能力は必要だが、既存の市場で勝負できる立ち位置

今抱えている既存のお客さんに対して、新たなサービスを提供することが必要となります!



上記の表では、もともとインスタントカメラのユーザーであったお客さんに対して、写真のデジタル化による新たなサービスとして、インクジェットプリンターを提供した事例ですね(*'▽')





組織の中に、新しい人材やスキルを確保するための探索が必要な立ち位置です!




【D】既存の組織能力、新しい市場

今いる人材や今あるスキルで、新しい市場に乗り込まなければなりません。

上記の表では、インスタントカメラだけでは存続できないので、カメラレンズが必要な携帯電話の市場に乗り込んだ事例ですね(*'▽')


新たな顧客が何を求めているかを探索しなければならない立ち位置ですね!!





自社の立ち位置を踏まえて、深化を続けるべきなのか、それとも探索をしなければならないのか




そのような経営判断をリーダーがどう行うかで組織の寿命が決まります、、、( ;∀;)



どれだけいい身体をもっていてもブレインであるリーダーが身体の使い方を間違えると簡単に故障してしまうように、、、。





勤め先のリーダーは、どうでしょうか。







■リーダーに求められる3つの行動

これまでの内容の中で、「リーダー」「深化」「探索」この3つがキーワードであることを強調してきました。


それでは、リーダーに求められる考え方はどのようなものでしょうか。

ここでは、3つに絞ってみていきましょう。


探索して見えてきた新たな事業が、今ある組織の資産や人材を長期的にみて、新たなお客さんに対してどのようにアプローチをすべきなのかを考えることができる。

深化しつくされている今ある事業から生じる惰性が、探索された新たな事業の勢いをそがないように、必要な資源を支援する。

深化しつくされている今ある事業から、邪魔や支援なしに成功に向けて必要な人材、構造、文化を調達できるようにする。



この3つを適切に行うことが求められます。






言葉で書くと簡単に見えますが、この三つがどれだけ難しいのか、


失敗する企業の特徴と、リーダーに求められることを照らし合わせてみましょう!!


・失敗する特徴
短期的な成果に対して評価し、働く社員を過剰に管理する。

いるお客さんと、サービスにしか目を向けられていない。

③新規事業は1~2年で損益分岐点に達すると非現実的な目標設定となっている。

④新規事業に関わるお客さんのインサイトがちゃんと調査されていない。

⑤新規事業にかけられる資金を制限する。

⑥新規事業を持続させられる忍耐のあるリーダーがいない。



いかがでしょうか、リーダーに求められる3つの要素の逆ともいえる特徴ですね。






■探索の進め方

・市場が今のままでいいのか、新たな市場に行かなければならないのか。
・会社にある人材や技術が今のままでいいのか、新たな人材や技術が必要なのか

この2つの軸をもとに探索深化どちらの立ち位置になるのかを解説しました。






それでは、探索をしなけばならない状態となったとき、具体的にはどのように動いていかなければいけないのでしょうか。









ここでは、
・市場調査などを踏まえて、戦略的に攻めていけるのかどうか。
・自社の資産を活用することができるのかどうか。
この2軸に考えていきます(^^♪


両利きの経営
【A】
戦略的にも攻めていけず、資産も活用できません。

スピンアウト(企業から分離して独立)するしかありません!



【B】
資産は活用できるが、戦略的には攻めることができません。

戦略的に攻めることができる外部に仕事を委託すれば解決です!



【C】
戦略的に攻めることはできそうだが、資産が活用できません。

新規事業として立ち上げるか、今ある事業との距離感を十分にとるべきなのか、どれくらい資産を活用できるのかを十分に検討する必要があります。


失敗する特徴にもあったように、資産の活用が十分でなければうまくいかない可能性が上がるので注意が必要です。




【D】戦略的に攻めていくこともできそうで、資産も十分に活用できる状態です。

深化と探索を両立することができるフェーズです!!




スピンアウトせずとも、企業内で既存事業と新事業を両立させながら支援をすることができます。




一番理想の形ですね!!




この状態であれば、各事業部間で、顧客に対する理念も共有できるものであることが理想ですね(^^♪




例えば、
深化と探索を両立させることができているAmazonの理念を見てみましょう!

「あくなき顧客重視」
「実験への積極性」
「長期展望」

など、社内の人材の結束を一つにまとめられ、感情移入ができるものばかりで、まさに深化と探索をしやすい理念となっているのではないでしょうか。






Amazonはもともインターネット書籍のみで深化に特化していました。








そこから、動画配信や音楽など、クラウド検索の探索を行った後、再度深化を行うための企業買収なども行っていたのです。







探索では、スピード、柔軟性、発見を重要視します。




そこからKSF(資源を入れて成長させること)を考え、深化に移ります。



深化では、安定性、効率性、コントロールができるかを重要視し、次の探索のフェーズに移るためのアンテナを張り続けます。

両利きの経営 深化 探索



今の事業がうまくいっているからと言って、探索を怠ることは許されません!!




今勤めている会社のリーダーは、
深化と探索、バランスをとろうとしてますでしょうか( ゚Д゚)





今回はは以上です!


それではまた!

【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



競争地位の4類型



ビジネス社会で勝ち残ってい行くためには、勝つためにどのような攻め方をするのかを考えなければいけませんよね。

その攻め方を考えるうえで、なぜその攻め方なのかという根拠もあったほうがいいですよね。

「競争地位の4類型」とは、その根拠の一つとなる考え方なのでぜひ押さえておきたいところですよね!(^^)!

この考え方も、シンプルで非常に面白いです!






競争地位の4類型ってなに?

IMG_0958

簡単に言うと、自分が提供しているサービスを今後も提供し続けるための力がどれだけあるのかということを客観的にみることととらえてください(^^)

サービスの力をざっくり4つに分類し、それぞれの立ち位置を見ます。

そして、自分以上に力のある者に対してどう戦っていくのかを決めいていきます。

分類された4つの力はそれぞれ名前があります!

◆リーダー:ターゲット市場でトップシェアを誇る唯一の企業
◆チャレンジャー:リーダーに戦いを挑んでいる二位以下のトップ集団
◆フォロワー:リーダーを真似しながら追いかけている企業群
◆ニッチャー:小規模な隙間市場でトップを目指す企業

上記4つの力の意味と取るべき戦略を見ていきましょう!!


特徴と戦略について


IMG_0661



【リーダー戦略】

お客様の満足度も高く、アイデアに溢れているのが、リーダーに位置する企業です。

そんなリーダーが取るべき戦略は「守りの戦略」であり、大きく3つあります!

①市場そのものを拡大させる
②市場のシェアを守り抜く
③市場のシェアを拡大させる

自分のテリトリーを誰にも譲ってはならなりません!

お客様にとっては唯一無二の存在であり続ける必要があります(^^

そのためには、引き続きお客様の満足度を上げ続け、どんどんお金を使って規模を拡大していくべきですね(^^♪


【チャレンジャー戦略

お客様の満足度は大きいが、独自のアイデアではないのが、チャンレンジャ—に位置する企業です。

チャレンジャーに位置する企業は、お客様からの満足度はあるものの、所詮はリーダーの真似事です。

そんなチャレンジャーが取るべき戦略は「攻めの戦略」です。

まずは攻撃対象を決めましょう(^^

例えば、
・自社と同規模の市場シェアで、少しお客様満足度が不足している分野
・小規模の地方企業

などなど。

リーダーの弱いところを見つけて徹底的に攻め込むことが大切です!!

とにかくリーダーの真似をしてお客様を少し横取りしつつ、リーダーの弱い部分を攻める!

気づいたら自分の方が上になってたという状況を作り出しましょう!!


【フォロワー戦略】

フォロワーは、お客様満足度もあまりなく、独自のアイデアもないポジション。

このポジションに位置する企業が経営的な観点から最も危険!!

お客様が自分に振り向いてくれることもなく、惹きつけられるようなアイデアももない。

売上も利益も頭打ちの状態で、この状態を打破しなければ衰退するしかない。

とにかくマズイ。

なんのとりえもない、、、(一 一) フォロワーが取るべき戦略は「リーダーの真似をする戦略」であり、フォロワーの戦略は4つあります!!

◆カウンターフィター:コピー商法。
◆クローナー:そっくりな商品を少し安く売る。
◆イミテーター:リーダー企業とそっくりの商品を作るが、パッケージ・広告・価格などはことなる。
◆アダプター:リーダー企業の製品を参考にして、改良して売る。

ポテトチップとス業界なんかでもコピーだらけですよね! 要はあんなイメージかなと(*'▽')

コカ・コーラとペプシコーラとか、、、。

とにかく人の真似をして、コピー商品に満足してくれるお客様を細々と取り込んでいくことが大切ですね!!(^^♪


【ニッチャー戦略】

ニッチャーは、お客様満足度は低いですが、アイデア性が高いポジションです。

つまり、ユニークな製品・サービスを保持している企業で、売上高はリーダーやチャンレンジャーと比較すると低くはなるが、リーダーやチャレンジャーが参入できない分野を作り出し、高い利益を生み出すことができます(*'▽')

ニッチャーは、規模が小さい企業が生き残っていくためのポジショニングです!

大企業が関心を持たない分野をターゲットにして、直接的な競争を避けることが重要ですね(^^♪

新たなサービスを提供するのであれば、ニッチな市場から始める企業が多いみたいです。

一方で、ニッチな市場は大手企業に目を付けられると簡単に潰されてしまうので、常に市場が無くなるリスクも抱えているので、その点は注意しなければいけませんね(´;ω;`) 





まとめ

IMG_0962


4つの競争地位についてみてきましたが、お客様から見た自分の立ち位置によってどんな方法で戦わなければいけないか変わってきましたね(^^)

まずは自分のサービスがどの位置にいるのかを俯瞰してみることから始めるといいですね!!



【スポンサーリンク】 


今回は以上です(^^♪


それではまた!!

【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



PPM分析



自分の会社は今後も大丈夫かなぁ、
どんな会社だと今後も安心できるかなぁ、
可能性のある会社ってどんなのかなぁ、
どうやって判断するのかなぁ

ということが気になったので今回はこのテーマを学んで見ました^_^






PPM分析とは


IMG_0944

『PPM』は、直訳すると P(プロダクト)・P(ポートフォリオ)・M(マネジメント) プロダクト(商品)・ポートフォリオ(作品集)・マネジメント(管理) よくわかりませんね!

つまり! ビジネスの世界で使われる『PPM分析』とは、サービスの成長性や、市場のシェアを把握し、自分の立ち位置がどこにいるのかを分析することです!

今の立ち位置がどこなのかがわかれば、今後どうなりそうかもある程度予想ができそうですね(^^♪



PPM分析の活用方法



実際には、どのように自社の立ち位置を分析するのでしょうか。

また、『PPM分析』によって、自分のサービスの立ち位置が4つに分けられます!!!

具体的にみていきましょう(^^♪

◆「スター」
◆「金のなる木」
◆「問題児」
◆「負け犬」

この4つのポジションに分類し、その立ち位置によってとるべき戦略を変えなければなりません。



スター:売上がどんどん増え、今後も伸びる商品

IMG_0946


(人間でいうと仕事のアブラが乗ってきた40代のサラリーマンといったところかな。) 

シェアもあり、さらなる成長の見込みもある!

より成長するための投資ができる!


金のなる木:売上は安定しているがこれ以上の伸びを期待できない商品

IMG_0945


(人間でいうと定年間近の50代といったところかな。)  シェアはあるが、今後の成長はない、、、。


問題児:売上が伸びてきている商品

IMG_0947


(人間でいうと可能性しかない20代の新入社員といったところかな。) 

成長しているので拡大のチャンスはある。

これから!っていう会社 「スター」を目指している。


負け犬:仕入れたのに全く売れない商品

IMG_0948


(人間で言うと定年後の70代といったところかな。)

 シェアも未来もない。

隠居したい。



『PPM分析』で得られる重要なことは、“今後の伸び”の部分で、市場にモノやサービスが受け入れられているのかなどを測り、戦略や販売方法を修正するのか、排除するのかを大まかに分類できます。


また、その方向性が決まればランチェスター戦略のどの部分で戦っていくかも決めやすくなりそうですね!

(ランチェスター戦略について詳しく知りたい方はこちら!(^^)!)





『PPM分析』によって、自分が気になる会社の将来性を判断できれば、不必要に不安を感じる必要も無くなりそうですね^_^

【スポンサーリンク】 

今回は以上です(^^♪


それではまた!!

【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



戦略



資本主義である限り、競争はつきもの!! 
 


勝たなければ面白くない! 
ということで、競争社会で生き残るための考え方について学びたいと思います^_^








戦略


5005


そもそも「戦略」ってなんでしょうか。 




「戦略」とは、
戦いを略すと書きます(^^♪

『力や技術など使い、戦わずして勝つ』ことです。 

 


「あいつ身体でかくて強そうだからにーげよっ!」

となるのではなくて、「どうすれば身体のでかいあいつに勝てるかな」と考え作戦を練る必要があります!(^^)! 
 
 







戦略で代表的な3つ




ビジネスの世界では、いわゆる「強そうなやつ」に勝つための方法が3つあります。
IMG_0877

・コストリーダーシップ戦略
・差別化戦略
・集中戦略 



それぞれ解説していきます^_^ 
 
 
 
 
 



コストリーダーシップ戦略

他社よりもとにかく安くすることで、差別化を図ります^_^

薄利多売な勝負となるため、たっくさんお金がある企業が勝ちます!! 
 


安く、高品質な商品を追求している会社は、ユニクロやニトリ、マクドナルド、すき家などが挙げられますね(^.^) 
 



 
 



差別化戦略

お客様の特定のニーズを絞ることで、一般的な価格より、高価に売る手法です^_^

その商品にプラスの価値をつけることが重要です!!







 例えば、 スターバックスやファミリーマートは店内の環境に差別化戦略を取っています。 



【スターバックス】

スタバでiMac持って仕事してる俺カッコいいと思える空間を提供している。 






【ファミリーマート】

イートインスペースで時間のないサラリーマンがコンビニで昼食を済ませる空間を提供している。 
 








 上記のように、無理に商品や値段の差別化を図らず、その他の付加価値をつけることが差別化につながります。 
 







 ③集中戦略

市場や商品を狭く限定する手法です(^.^)

井の中の蛙大海を知らずということわざがあるように、井の中の蛙になれる市場を見つけましょう!! 






例えば、

【セイコーマート】

北海道限定で市場展開をし、北海道でのコンビニ業界のシェアNo.1を実現しました。 





【ケンタッキーフライドチキン】

当時、マクドナルドが マクドナルド=ハンバーガーとチキン というPRをしていた状況下で、ケンタッキーフライドチキンはチキンのみに特化し、チキン業界のシェアNo.1を実現しました。 
 
 
 


上記のように、どの戦略を取るのかなどを明確にしなければ競争社会では生き残れません、、、。 
 


競争社会を生き抜く上では、どの戦略を取るべきなのかをしっかり考えなければいけませんね。 
 
 



協力という戦略


IMG_0940

競争社会で生き残るためには、ライバルに勝つための戦略だけがすべてではありません! 



 自分の立ち位置を俯瞰し、お互いが勝つことができないかなども思案するような戦略を考えることも重要です^ - ^ 
 


例えば、 アップルパイの市場に参入しようとするも、どうやっても勝ち残れないのであれば、アップルパイの価値を大きくする仲間はなにか考え、その商品を強化することで生き残りを図ることもできます。

(ジャムやバター、オーブントースターなど) 
 
 
 
 
 



 どのような考え方を持つかで、競争社会で生き残ることができるかどうかが決まります! 


色んな視点から戦略を考えられるようになる必要がありそうですね^_^ 





 



【スポンサーリンク】 


今回は以上です(^^♪


それではまた!!

【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



ビジネスモデル



世の中にあるビジネスはどういう仕組みで成り立っているのか。

またどのようにしてそのビジネスを生むことができたのか。

その考え方が知りたくて調べてみました^ - ^ 








ビジネスモデルとは



そもそもビジネスモデルとはなんでしょうか。

ビジネスモデルとは 「提供しているサービスの、儲ける仕組みのこと」 です(^-^)

ビジネスモデルが分かれば、そのサービスを誰に対していくらで売って、どのくらい儲けているのか。

さらに、そのサービスを提供するためにどんな工夫をし、なぜ売れているのかが理解できるようになりますね(^.^)


ビジネスモデルの仕組みの捉え方



では、その儲ける仕組みはどのように考えらば良いのでしょうか(^-^)

ビジネスモデルの仕組みを捉えるためのポイントは3つあります!

①起点
②定説
③逆説


この3つのポイントをもとにビジネスモデルの仕組みが理解できます^ - ^


まずはそのビジネスが何を提供しているのかという「起点」をみていきます。

そしてその起点を元に、そのサービスがどんなイメージを持たれているのかという「定説」を把握します。

例えば、 ファミリーレストランの「起点」は、料理を提供していることであり、安価でおいしいという「定説」があります。

さらに、 定説に対して異なるイメージである「逆説」を考えると、「普通はこうなのにこんなサービスを提供しているんだ」といった非常識が生まれ、差別化されているところが見えてきます。


ビジネスモデルを作り出した事例


では、3つのポイントを抑えた企業の事例を見ていきましょう(^-^)

【サイゼリア】

・起点

イタリアン 料理

・定説

安価でおいしい

・逆説

「高級料理として振る舞われるイタリアン」なのに「安価で美味しく食べられる」


 上記のように「起点」「定説」「逆説」を考えることでそのビジネスモデルが理にかなっているのかどうか考えることができます!!

この3つのポイントに当てはめてビジネスモデルを見ていくと、大枠を理解するだけではなく、このビジネスモデルはうまくいくのかどうかも分かってきますよね(^.^)


【スポンサーリンク】 


今回は以上ですか(^^♪


それではまた!!

このページのトップヘ