脳みそ筋肉サラリーマンblog

タグ:交渉

【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



本質の掴み方



ビジネスにおいてコミュニケーションをとることは非常に重要です。

お客様や上司とのコミュニケーションなど。

そのコミュニケーションをとる中で、「お前はどう思う?」という恐ろしい質問。

IMG_0662


とくにあまり詳しくないテーマで、そのテーマの本質も見抜けていない状態で、意見を求められる時など私は恐怖を感じます。

なにも知らないといってしまうと恥をかきますし、かといって知ったかぶりをしてトンチンカンな回答をするわけにもいきません。

今回は、どんなテーマでもビシっと回答しできるようにするための考え方を紹介します!!







瞬時に言葉を生み出す方法



なんでも淡々と迷いなく回答できる人って素敵ですよね(^^♪ 

なんでも素早く的確に意見をもてる人は何が違うのでしょうか。

自分の意見の作り方にはポイントがあります。

・スタンスを決める
・本質をつかむ
・感情を見る

1つずつ説明していきましょう!!


スタンスを決める


IMG_0868


「貿易摩擦についてどう思う?」
「日韓関係についてどう思う?」
「SNSの炎上商法についてどう思う?」

このような質問がきたらどうでしょうか。

テーマはわかるけど、深く考えたことないし、明確な回答もわからない。

ただ、深く考えたことがなくても、明確な答えがなくても、そのテーマについての「スタンス」さえ明確であれば恐怖を感じなくてもいいのです!!

韓国やアメリカ、日本の思惑はこうなっているはずだからこれはこうだと思うので、こうあるべきだ!

などと言えれば一番いいですが、詳しくないテーマなのであれば、わりきって自分はどういうスタンスでいるのかだけ答えておけば成り立ちます。

例えば、「貿易摩擦」のテーマに対していえば 「貿易摩擦は」自分にとって迷惑な話なのか、ありがたい話なのか、というスタンスだけ決めておくだけでいいでしょう。

あとはそれに対してなぜそう思ったのか、そう思ったきっかけは何だったのかを自分に問いてみて話していけばいいだけなのです。

「貿易摩擦についてどう思う?」
→自分のスタンスは?「迷惑な話だと思う。」
→なぜそう思った? 「仕事が減って残業代が稼げなくなった」
→そうなることでなにが困る? 「住宅ローンが払えない。日本中のサラリーマンそうなんじゃないかな。はやく収まってほしいよ。」

という流れでしょうか。

あくまでも簡単な例ですが、テーマに対してのスタンスを決め、そのスタンスをとった理由を自分に問い続けることで、深みのある回答にもなりそうです。

まずはスタンスを決めるということが重要なのですね(^^♪


本質をつかむ


IMG_0875

スタンスさえ決めてしまえば、あとは簡単です!

本質をつかむとは、その話題を抽象化するということです。

会話の中で、難しい言葉が飛び交うだけでも恐怖心が芽生えてしまい、本質をつかむどころではない!

となってしまいそうですが、本質をつかむことはすごく簡単なことです(*'▽')

①固有名詞や時系列を省いて
②起こっている現象と登場人物の関係性だけ抜き出す

この2つだけ行えばいいのです。

例えば、SNSの炎上商法をテーマにするならば、

「投稿者の不適切な発言により、それに反応するアンチコメントが大量に発生する。大量に発生することで、投稿者の知名度が上がり、結果としては投稿者の本来の目的でもある有名になることが達成される。」

ここには、「いつ」「だれが」という固有名詞も時系列もありません。

また、コメントに反応するアンチによって有名になったという登場人物と現象の関係性さえ抜き出せば、SNSの炎上商法の本質をまとめ上げることができるわけですね(*'▽')

スタンスを決め、本質をつかみ、コメントするという流れができてきました!!


感情を見る


IMG_0877

ここまでくればあとは簡単です。

最後にやるべきことは、自分の感情を見つめてみることです!

スタンスを決め、本質をつかめたら、それに対してどのような感情になったのかを自分に問うのです。

ワクワクしたのか、イライラしたのか、不安を感じたのか、様々あります。

その感情を見つけることができれば、あとはスタンスを決めた時と同じですね。

なぜそう感じたのかを深堀していきます。

スタンスを決め、その理由を探り、本質をつかんで、感情を見る、そしてその理由を探る。

この流れができれば、自分が得意ではない恐ろしい質問が飛んできても、うまく整理して言語化できそうですね!!

この手順はぜひ押さえておきたいところです(*'▽')


【スポンサーリンク】 


それではまた!!

【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



交渉力



「交渉」というとあまりそんな機会がないと感じるかもしれませんが、言い換えると「お願い事」です。 自分のお願い通してもらいたいときは、ビジネスや家庭内でも沢山ありますよね(^^♪ 自分の計画書を通したいとき、嫁に財布を握られている旦那が欲しいものを買いたいときなどなど、、、。 今回は交渉をする上で大切にすべきことについて解説していきます!!







交渉とは


5005

まず、交渉の意味について押さえていきましょう。

交渉とは、話し合いにより物事を取り決めていくことです。

つまり、相手の要望とこちらの要望を踏まえたうえで、何を選択するのかを一緒に決めていくようなものですね(^^♪

そのうえで、こちらの要望をどうしても通したい場合は、相手の考え方を変えてもらい動いてもらう必要があります!!



交渉の3つのポイント



IMG_0662


交渉により、相手を動かす手法としては3つあります。

①相手にとってプレゼントとなることを行う
②合法的に脅す
③お願いをする

1つずつ見ていきましょう(^^♪


相手にとってプレゼントとなることを行う 交渉は、相手にどれだけ譲ることができるのかで決まります。

そのため、譲れるところと譲れないところの優先順位を決めていかなければなりません(*'▽')

交渉を進めていく上で、譲歩できるとこを提示していくと、相手は「これだけ譲ってくれてるならここは聞いてあげないと自分が嫌なやつになってしまう」という感覚になります。

そのため、そのような感覚になるくらいの譲歩をし続けることが大切です。

旦那「わかった。これとこれは確かに必要ないから言うとおりにするわ、、、。ただこれだけは〇〇で必要やねん!ここだけは譲れへんねん!!」

嫁「(ここも拒否したら嫌な奴やん、折れてくれてる部分もあるししゃーないか)分かったええよ。」


こちらとしてはあまりマイナスとならず、相手にとっては利益となるようにしなければいけません。

また、譲歩をするコツは、こちらの要望も細分化することです。

例えば、資料作成を依頼したい場面が出てくるとします。

資料作成をすることを依頼するだけではなく、その中での「作ってほしい資料の内容」と「期限」を細分化します。

最終目的は資料作成なので、交渉を進める中で期限を伸ばしてもいいことを伝えてあげると、相手にとってはメリットのある譲歩となります。

交渉の名手である、アメリカのトランプ大統領は、2019年、アメリカの貿易赤字を解消するために、日本の米軍基地について取り上げてきました。

「日本を命がけで守る覚悟があるのに、日本はアメリカに何もしてくれない、このままでは米軍基地を引き上げざるを得ない。

それが無理ならアメリカの輸入製品に関税をかけてやる!」という言い分です。

恐ろしいですね(>_<)

日本は、自国の防衛はアメリカに頼り切っているので、米軍基地を引き上げられるとキツイ。

それに加え関税をかけらると日本の自動車産業などは大打撃となります。

いざ、交渉の場面となると、米軍基地を引き上げる話は一切しない。

むしろ徹底的に守ると言っている。

そうなると日本は貿易交渉について飲まなければなりません、、、。

アメリカのもともとの目的である貿易赤字の改善のための交渉を優位に進めることができたということですね。

恐ろしいですが、非常に巧妙な交渉術ですよね(+o+)

アメリカという強い立場だからできたのでは?

という声も聞こえてきそうですが、 要はこちらの要望を細分化し、自分にとってデメリットが少なく、相手にとってメリットがある譲歩ができるところを見つけることが大切であるということですね(^_-)-☆

あれもこれも自分の意見を飲んでくれ!

という交渉はうまくいきません!!


合法的に脅す

これはいたってシンプルですね。

脅すといっても、 もしこの要望が飲めないなら、、、、「殴るぞ!!」というわけではありません(^^♪

「警察に通報しますね。」
「訴えますね。」

などなど常識の範囲内で合法的に相手にとってデメリットとなることお伝えするやり方です。

ただ、非常に攻撃的な印象なので最終手段として持っておきたいところです。



お願いをする

これは意外と馬鹿にできません。

要は熱意です!! 結局は交渉はお互いの話し合いによって決まります。

お互いがWINWINとなるようなお話合いとなるように進めるのであれば、攻撃的な交渉よりもお願いをするほうがよっぽど印象がいいです。

場面に応じて使い分けていきたいですね(^^♪ 


【スポンサーリンク】 


今回は以上です(^^♪


それではまた!!

【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



雑談のコツ



雑談しなきゃ、、、、。

という恐怖は雑談のコツを知っているかどうかで変わります!!






雑談力は、人間関係に大事なポイントの1つだと思いますので、今回は雑談のコツについて解説していきます!!







横軸と縦軸の会話



まず初めに、雑談は当り障りのないものでも十分です!!
天気の話、ニュースの話、お互いが知っている当り障りのない会話から始めていきます(*'▽')



当り障りのない会話の中で、1つのテーマのみで会話を展開するのではなく、複数のテーマに移行しながら気になるとところが出てくれば深掘りしていくことで、会話は勝手に盛り上がります!!



これが横軸の会話と縦軸の会話ですね(*'▽')


横軸の会話:複数のテーマに話題が移行すること。

縦軸の会話:1つのテーマを深堀していくこと。




例えば、
男性A「最近ずっと晴れてますね!GWはどこかへ行かれたのですか?」
この会話は横軸ですね!!


天気の話休日の過ごし方の話。2つテーマが出てきました。





その回答として、
男性B「いい天気が続いてますよね。GWは奥さんと釣りに行ったんですよ!」


と返ってきました。


男性A「へ~。それはいいですね!」

だと会話が終わってしまいます。



IMG_0669






それではつまらないので、次は縦軸を考えてみましょう。

縦軸とは、質問を続けて内容を深く知っていくことです。

今の例でみてみると、
この会話の横軸となっているテーマは、
「天気」「奥さん」「釣り」の3つです!

この3つうちのどれかに、縦軸の焦点を当ててみるのです!

縦軸とはつまり深掘りです!


今の例でいくと、

天気について深堀していきますか?

奥さんについて深堀しますか?

釣りについて深堀しますか?






天気の深堀はこれ以上は難しそう。

そして釣りにもそこまで詳しくない。

ただ、奥さんとの話なら深堀してもよさそうだ、、。

となれば、



男性B「奥さんと釣りにですか?それはいいですね!ちなみにご結婚されて長いんですか?実は私も、、、。
と深堀をしながら共通点を見つけ出すことができます!!









また、質問をする際には、なぜそれを聞くのかなぜそれを知りたいのかを明確にしなければ、当たり障りのない質問に対して当たり障りのない返答をされ、先ほどのように「そうなんですね。」で終わってしまいます、、、。




はじめはお互いの共通点を見つけ出すこと目的に、縦軸と横軸の会話を考えていくとよさそうですね(*'▽')








興味深く使える知識を話そう



雑談では、面白い人だと思ってもらうために、頑張って面白いことを言おうとしたりすることはありませんか、、、。




私は、あります
面白いと思ってもらい、好きになってもらいたいんです。





ただ、人は面白い人のことを好きになるのでありません。
自分のことを面白いと思ってもらえる人のことを好きになるのです。





さらに、笑いが起こる話は記憶に残りにくいといわれております。




そのため、笑いを取ろうと頑張ることは全くの無駄ということですね笑





なので、面白い話をすることを心掛けるのではなく、興味深く、使える知識を話すことを心掛けることが重要なのです!!



興味深く、使える知識は記憶にも残りやすいので、相手に自分のことを印象付ける効果もあります。



ただ、知識をひけらかすだけではただの「うんちく好き」となるので非常につまらない人間となってしまいます、、、。




そうならないよう、相手が興味のありそうなテーマを準備し、明日にでも試したくなるような旬の話題である情報収集を幅広く集めておく必要があります(*'▽')





例えば、
「流行りの〇〇ストレッチ」

「おうち時間の過ごし方」
などですかね!!





ただの雑談と甘く見ずに、いかに事前に相手や旬の情報が取れているかが重要ということですね(*'▽')










何か特別なことをされているのですか?



会話をもっと盛り上げるには、相手のテンションを上げてあげることが大切です。

自分がこだわりを持っている話をするときなど、楽しくなりませんか??

そしてもし、その自分のこだわりについて興味を持ってくれている人がいたら??

想像しただけでテンション上がりますよね!!

5005



『何か特別なことをされているんですか?』



という質問で相手のこだわりなどをヒアリングすることができます。


相手は思わず「実は、、、、。」と話し始めてくれちゃいます!!



また、相手の情報を元に、良い意味で印象と異なっているテーマに対して深掘りすることを意識するとよりたくさん話してくれるようになります!!





例えば、
「〇〇は意外でした。何か特別なことをされていたのですか?」など。
この質問ができれば「実は、、、」と相手のパーソナル情報をさらに聞き出すことができ、心を開いてくれやすくなります(*'▽')







NGワード「ところで本日は~」



商談前の雑談をする際に、「ところで本日は~」と会話を改めて区切ることは最悪の出だしです。



せっかく上がっていたテンションが一気に冷めてしまいます、、、。





本題は、雑談のキーワードからスムーズに入ることがベストです!!




「今のお話を伺っていてお力になれると思ったのですが、、、」
「まだ雑談をし続けたいですが、ちょうどいいキーワードが出たので本題に、、、。」
という流れで商談に入りましょう!!!

本題に入ることができるキーワードを引き出すための質問を用意しておくことが重要ですね!(*'▽')


【スポンサーリンク】 


今回は意外と馬鹿にできない雑談のポイントについて解説してきました。

初対面の人と、何話せばいいだろうと恐怖している方にとってためになれば幸いです(^^♪


それではまた!!

このページのトップヘ