脳みそ筋肉サラリーマンblog

タグ:マネジメント

【脳筋×ビジネス】


脳筋でも知っておきたいビジネス用語!





今日のお題はこれ!!







【潰れる企業】




とっても変化の目まぐるしい時代に、安定した職業は公務員以外にはないのかもしれません、、、。




ちょっとしたことで、経営が悪化することや、あんなに大手としてやってきていたのに倒産することも多くあるのが企業経営ですよね( ;∀;)





その中で、自分が勤めている企業は今後も存続し続けられるのでしょうか!




今回は、潰れる企業の特徴と、存続し続けられる企業の特徴をみていきましょう!!





■「深化」と「探索」

企業が生き残り続けるかどうかは、リーダーの考え方ですべてが決まります。
そのなかでも、「深化」「探索」のバランスを取れているかが非常に重要なポイントです。







「深化」とは、今のサービスをより良いものにするために力をいれること!
「探索」とは、今のサービス以外の新しいサービスを作り出すこと!





多くの企業は、成功すればするほど「深化」に向かってしまいます(+o+)




自分たちがやってきたことは間違っていない。このまま突き進もう。」という思考になることが一般的だからです!





逆に、「ほかの事業も考えなければならない」と考えることは、自分たちのやってきたことを否定してしまうような気持になるので、あまり考えたくないことのようですね( ゚Д゚)







そうするとイノベーションが起こりません。
結果的に時代の変化についていけず、自分が提供しているサービスが必要とされなくなってしまいます、、、、、。



そのため、サービスをよりよくするための「深化」と、新たなサービスを提供できないかという「探索」をバランスよく行っていかなければならないということですね!!








■すべてはリーダーの考え方

今の勤務先のリーダー(経営者)はどんなタイプでしょうか。



「深化」と「探索」のバランスをうまくとれるかどうかはリーダーの考え方次第で決まってきます!!



上記のように「探索」に向かおうとすることは、現状を否定される気分になるからです。






そんなつもりないのに!!





そのため、会社の中の部下に当たる人間が「もっと「探索」をしましょう!」と息巻いても頭の固い石頭上層部に突っぱねられるだけになってしまうのです(´;ω;`)








そのため、リーダーの考え方次第で企業が時代の流れに合わせて成長し続けられるかどうかが決まってきちゃいます、、、。








ここで深化と探索で大事なポイントを押さえておきます(^^♪

「深化」効率性、生産性、差異を減らすことが強調される。
「探索」要求水準の高い調査、発見、差異を増やすことが重要となる。






これらを見て、今の勤め先の上司は深化と探索にバランス良く力を入れられそうでしょうか、、、。














■イノベーション

探索と言えば、よく「イノベーション」などと言われますが、具体的にどのようなことが重要なのでしょうか。








大前提として、社会の変化により、探索をしなければいけない状況か判断しなければなりません。

深化と探索を同時に100%の力で進めていくことはできませんので、早めの判断が大切ですね(^-^)



自社の顧客には何が必要か」というキーワードをもとに、常に探索が必要かどうかを考える必要があります(^^♪






例えば、



カメラで有名な富士フィルム
こちらの企業もカメラだけではやっていけないと考え探索をし続けました。




化粧品を開発を行うことで新たな事業を確立し、企業を存続させてきました(*'▽')





探索をうまく行うことができた素晴らしい事例ですね!!



ただ、企業が置かれている立ち位置によっては、深化と探索のバランスのとり方が異なります


企業が置かれる4つの立ち位置について、それぞれ見ていきましょう!!









ここでは、
・市場が今のままでいいのか、新たな市場に行かなければならないのかどうか。
・会社にある人材や技術が今のままでいいのか、新たな人材や技術が必要なのかどうか。
この2つの軸をもとに考えていきます(*'▽')




    【富士フィルムの深化と探索】
ストリームイノベーション


【A】今ある組織能力と今ある市場でサービスを提供する立ち位置

既存の顧客を対象にサービスを広げていくことが重要です!

基本的には深化に特化していくべき立ち位置となります(*'▽')

ただ、それだけでは通用しなくなれば、市場か組織能力を新しく作り上げないと倒産しちゃう可能性がでてきます、、、。




【B】新しい市場で、新しい組織能力を作り上げ勝負しなければいけない立ち位置

先ほどの事例で上げた内容ですね(*'▽')
カメラのフィルムにあるコラーゲンを作り出す技術をもとに、化粧品業界へ乗り込んだというイノベーションです!







既存の事業だけではこれ以上やっていけない!!
ということであれば、探索に特化する立ち位置となり、今ある技術を活かして新しい市場で新しい人材を投入し、勝負しなければいけません(^^♪




ただ、リスクも大きいので、思い切ってここに資源を投入できる企業は少ないです。
さらに、頭の固い経営陣であれば、よりリスクは取りたがらないでしょうね、、、。(+o+)




【C】新しい組織能力は必要だが、既存の市場で勝負できる立ち位置

今抱えている既存のお客さんに対して、新たなサービスを提供することが必要となります!



上記の表では、もともとインスタントカメラのユーザーであったお客さんに対して、写真のデジタル化による新たなサービスとして、インクジェットプリンターを提供した事例ですね(*'▽')





組織の中に、新しい人材やスキルを確保するための探索が必要な立ち位置です!




【D】既存の組織能力、新しい市場

今いる人材や今あるスキルで、新しい市場に乗り込まなければなりません。

上記の表では、インスタントカメラだけでは存続できないので、カメラレンズが必要な携帯電話の市場に乗り込んだ事例ですね(*'▽')


新たな顧客が何を求めているかを探索しなければならない立ち位置ですね!!





自社の立ち位置を踏まえて、深化を続けるべきなのか、それとも探索をしなければならないのか




そのような経営判断をリーダーがどう行うかで組織の寿命が決まります、、、( ;∀;)



どれだけいい身体をもっていてもブレインであるリーダーが身体の使い方を間違えると簡単に故障してしまうように、、、。





勤め先のリーダーは、どうでしょうか。







■リーダーに求められる3つの行動

これまでの内容の中で、「リーダー」「深化」「探索」この3つがキーワードであることを強調してきました。


それでは、リーダーに求められる考え方はどのようなものでしょうか。

ここでは、3つに絞ってみていきましょう。


探索して見えてきた新たな事業が、今ある組織の資産や人材を長期的にみて、新たなお客さんに対してどのようにアプローチをすべきなのかを考えることができる。

深化しつくされている今ある事業から生じる惰性が、探索された新たな事業の勢いをそがないように、必要な資源を支援する。

深化しつくされている今ある事業から、邪魔や支援なしに成功に向けて必要な人材、構造、文化を調達できるようにする。



この3つを適切に行うことが求められます。






言葉で書くと簡単に見えますが、この三つがどれだけ難しいのか、


失敗する企業の特徴と、リーダーに求められることを照らし合わせてみましょう!!


・失敗する特徴
短期的な成果に対して評価し、働く社員を過剰に管理する。

いるお客さんと、サービスにしか目を向けられていない。

③新規事業は1~2年で損益分岐点に達すると非現実的な目標設定となっている。

④新規事業に関わるお客さんのインサイトがちゃんと調査されていない。

⑤新規事業にかけられる資金を制限する。

⑥新規事業を持続させられる忍耐のあるリーダーがいない。



いかがでしょうか、リーダーに求められる3つの要素の逆ともいえる特徴ですね。






■探索の進め方

・市場が今のままでいいのか、新たな市場に行かなければならないのか。
・会社にある人材や技術が今のままでいいのか、新たな人材や技術が必要なのか

この2つの軸をもとに探索深化どちらの立ち位置になるのかを解説しました。






それでは、探索をしなけばならない状態となったとき、具体的にはどのように動いていかなければいけないのでしょうか。









ここでは、
・市場調査などを踏まえて、戦略的に攻めていけるのかどうか。
・自社の資産を活用することができるのかどうか。
この2軸に考えていきます(^^♪


両利きの経営
【A】
戦略的にも攻めていけず、資産も活用できません。

スピンアウト(企業から分離して独立)するしかありません!



【B】
資産は活用できるが、戦略的には攻めることができません。

戦略的に攻めることができる外部に仕事を委託すれば解決です!



【C】
戦略的に攻めることはできそうだが、資産が活用できません。

新規事業として立ち上げるか、今ある事業との距離感を十分にとるべきなのか、どれくらい資産を活用できるのかを十分に検討する必要があります。


失敗する特徴にもあったように、資産の活用が十分でなければうまくいかない可能性が上がるので注意が必要です。




【D】戦略的に攻めていくこともできそうで、資産も十分に活用できる状態です。

深化と探索を両立することができるフェーズです!!




スピンアウトせずとも、企業内で既存事業と新事業を両立させながら支援をすることができます。




一番理想の形ですね!!




この状態であれば、各事業部間で、顧客に対する理念も共有できるものであることが理想ですね(^^♪




例えば、
深化と探索を両立させることができているAmazonの理念を見てみましょう!

「あくなき顧客重視」
「実験への積極性」
「長期展望」

など、社内の人材の結束を一つにまとめられ、感情移入ができるものばかりで、まさに深化と探索をしやすい理念となっているのではないでしょうか。






Amazonはもともインターネット書籍のみで深化に特化していました。








そこから、動画配信や音楽など、クラウド検索の探索を行った後、再度深化を行うための企業買収なども行っていたのです。







探索では、スピード、柔軟性、発見を重要視します。




そこからKSF(資源を入れて成長させること)を考え、深化に移ります。



深化では、安定性、効率性、コントロールができるかを重要視し、次の探索のフェーズに移るためのアンテナを張り続けます。

両利きの経営 深化 探索



今の事業がうまくいっているからと言って、探索を怠ることは許されません!!




今勤めている会社のリーダーは、
深化と探索、バランスをとろうとしてますでしょうか( ゚Д゚)





今回はは以上です!


それではまた!

【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



行動力



こんなことよくありませんか、、、。

『やろうと思っていてもなかなか動くことができない。』
『あーめんどくせ、やらんとこ。』

5005



アクティブに動ける人は何が違うのでしょうか。

理由はいろいろありそうですが、今回は2つほど行動力を上げていくための考え方を書いていこうと思います。







成功体験が行動力を生み出す



IMG_0869


行動力のない人に共通しているのが、自分に自信が持てない人です。

「私なんて何をやっても駄目だ。ポンコツだ。」

と思い続けているマインドであれば、

「どうせチャレンジしても失敗するし、、、。」

となかなか行動に移せなくなってしまいます。

行動力のある人は、

「私ならなんとかなるかな。昔もこうやっていろいろ逆境を乗り越えてきたし。」

というマインドが常にあります。

そのため、行動力を上げるには、「私はできるやつだ!」というマインドを持つことが重要で、そのマインドを持つには、過去の成功体験をが必要なのです(^^♪

なので、小さくても良いので自分の中での成功体験を積み重ねるよう、意識することもいいかもしれないですね(^-^)


行動の原動力は「理由」と「イメージ」



5005


ただ、今まで成功体験がなかったから行動力のない自分になってしまったんだ、、、 いまさら何かにチャレンジできない!!

という方もいると思います。

そんな方は、 行動する理由とイメージをより鮮明に持つことが、大切です。

人は、どんなしょうもない理由でも、理由があれば動く生き物です。

なので、行動するための理由を無理やりでもつけてしまえばいいのです。

大切なのが、どう行動するかのイメージです。

 もともとできることに対してのイメージは必要ありませんが、初めてのことであれば、どういう手順であれば出来るのかイメージできなければ「できない理由を見つけること」に思考が偏ってしまいます。

そうではなく、「どうやればできるか」を考え、具体的にイメージができれば行動につながります!!

やらない行動を選択するのも理由 やる行動を選択するのも理由 そして最後の背中を押してくれるのはできるイメージです!

これは自分を動かすだけでなく、人を動かしたいときも、明確な理由付けと鮮明にイメージさせることが重要ということですね(^^♪


【スポンサーリンク】 


今回は以上です(^^♪


それではまた!!

【フォーマット】
【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



色彩心理学


「色」が人に与える印象について意識したことはありますでしょうか!(^^)!

企業が作っているロゴ お店の看板の色 ブログに書く文字の色 アイコンに使う色 などなど、 日常成果活において、あらゆる場所に様々な「色」がありますよね(^^♪

その「色」が、 赤色なのか青色なのか黄色なのかで、ひとの心のを大きく揺さぶることができるのかどうかが決まってしまいます!!!

つまり、目的や状況に応じてしっかりと「色」を使い分けることができれば、人の感情をコントロールしてしまえるということですね(^^♪

今回は、どんな「色」がどんな効果をもたらし、どのようなシーンに使われるのかを見てみましょう!!






「色」別に変わる感情




冒頭で、「色」には色の種類によって人の感情が変わることをお伝えしました。

具体的に色別にどんな感情の作用が働くのでしょうか( ゚Д゚)

〇赤色
5005

《与える効果》
・興奮させる!
・食欲増進!
・危ない!
・リーダーシップを出す!
このような心理的効果があるようですね(^^♪

◆なぜ飲食店では、赤色の看板が使われているのか。
◆なぜトランプ大統領は赤色のネクタイをしているのか。
◆なぜ信号の「止まれ」は赤色なのか。

 上記の理由があるからだと推測できますよね!(^^)!

また、赤色は興奮させるイメージを持たせる効果があります!

企業がよく作っているロゴやポスターなどに赤色を入れた場合、 「売上が数10パーセント変わる」と言われているようです!

それだけ人を興奮させる効果を持ち、鼻息荒くしたままついつい買っちゃうんですね(^^♪

〇黄色

5005

《与える効果》
・注目をあつめる
・場の雰囲気が明るくなる

このような心理的効果があるようですね(^^♪

◆なぜ注意喚起の道路標識は黄色がなのか。
◆なぜ踏切のバーは黄色なのか。 

上記の理由があるからだと推測できますよね!(^^)!

また、黄色は特に明るいイメージを強く持たせる効果があります!

活動的なイメージを持たせたい企業は、黄色を多く使ったロゴを作っているようですね(^^♪


〇青色

IMG_0851

《与える効果》
・気持ちを落ち着かせる
・忠実な印象を与える
・食欲を抑える

このような心理的効果があるようですね(^^♪

◆なぜ大きな池の近くや夜の踏切の近くには青色の電灯がついているのか。
◆なぜ警察官の制服は青色なのか。
◆なぜ食べ物を青色に変換するとくそまずそうに見えるのか。
◆なぜ謝罪の時は落ち着いた青色系統のネクタイなのか。 

上記の理由があるからだと推測できますよね!(^^)!

青色には誠実さのあるイメージを強く持たせる効果があります!

世界中の企業が作っているロゴは青色が一番多いようですね(^^♪


〇緑色


Pl a Mi


《与える効果》
・安らぎや癒しを与える
・健康さを感じさせる
・生命力を感じさせる

このような心理的効果があるようですね(^^♪

◆なぜ高速道路の案内表示板は緑色なのか。
◆なぜECOマークは緑色なのか。
◆なぜゆうちょ銀行は緑色をベースにしているのか。

 上記の理由があるからだと推測できますよね!(^^)!

緑色には、安心感のイメージを強く持たせることができます!


〇白色


IMG_0853

《与える効果》
・軽い印象を与える
・純粋な印象を与える
・神聖な印象を与える

このような心理的効果があるようですね(^-^)

◆なぜ引っ越屋さんが使っている段ボールは白色なのか。
◆なぜ結婚式のドレスやネクタイは白色が多いのか。 

上記の理由があるからだと推測できますよね!(^^)! 白色には純粋なイメージを強く持たせることができます!


〇黒色

IMG_0856


《与える効果》
・気持ちを引き締める
・重厚感を与える
・威圧感を与える

このような心理的効果があるようですね(^^)

◆なぜリクルートスーツは黒なのか
◆なぜ高級車に黒色が使われやすいのか

 上記の理由があるからだと推測できますよね!(^^)!

また、黒色は企業のロゴなどにも使われやすいです!

黒をどのようにうまく使うかを考えることで、メッセージ性の強いイメージを持たせることができます!

このように、『色』には人の感情を揺さぶる力があります!!

シーンによってそれにふさわしい色は変わってくるのですね。 なぜこの色が使われているのだろう?と考えるのも面白いですね(^^♪


企業イメージを決めているロゴの色



ここまでのお話で、『色』によって人に与える印象が変わってくることがわかりました。

企業が実際に使っているロゴの色を見てみましょう(^^♪


〇赤色 興奮させる色

≪企業ロゴ例≫ ・マクドナルド ・王将 ・コカ・コーラ


◯黄色 明るさを感じさせる色

≪企業ロゴ例≫ ・イエローハット ・クロネコヤマト ・ロフト


〇青色 誠実さを感じさせる色

≪企業ロゴ例≫ ・Twitter ・FaceBook ・ローソン


〇緑色 安心感を与える色

≪企業ロゴ例≫ ・スターバックス ・ニトリ ・ゆうちょ銀行


〇白色 純粋さを感じさせる色

≪企業ロゴ例≫ ・Apple ・POLA ・Peugeot


〇黒色 重厚感を与える色

≪企業ロゴ例≫ ・ライザップ ・アディダス ・ZARA


いかがでしょうか。
企業に対するイメージは、ロゴの色も影響していることを感じていただけるかと思います!(^^)!

どのような相手に、どのような印象を与えたいのかによって、使うべき色が変わりますね!!


【スポンサーリンク】 


今回は以上ですか(^^♪


それではまた!!

【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



雑談のコツ



雑談しなきゃ、、、、。

という恐怖は雑談のコツを知っているかどうかで変わります!!






雑談力は、人間関係に大事なポイントの1つだと思いますので、今回は雑談のコツについて解説していきます!!







横軸と縦軸の会話



まず初めに、雑談は当り障りのないものでも十分です!!
天気の話、ニュースの話、お互いが知っている当り障りのない会話から始めていきます(*'▽')



当り障りのない会話の中で、1つのテーマのみで会話を展開するのではなく、複数のテーマに移行しながら気になるとところが出てくれば深掘りしていくことで、会話は勝手に盛り上がります!!



これが横軸の会話と縦軸の会話ですね(*'▽')


横軸の会話:複数のテーマに話題が移行すること。

縦軸の会話:1つのテーマを深堀していくこと。




例えば、
男性A「最近ずっと晴れてますね!GWはどこかへ行かれたのですか?」
この会話は横軸ですね!!


天気の話休日の過ごし方の話。2つテーマが出てきました。





その回答として、
男性B「いい天気が続いてますよね。GWは奥さんと釣りに行ったんですよ!」


と返ってきました。


男性A「へ~。それはいいですね!」

だと会話が終わってしまいます。



IMG_0669






それではつまらないので、次は縦軸を考えてみましょう。

縦軸とは、質問を続けて内容を深く知っていくことです。

今の例でみてみると、
この会話の横軸となっているテーマは、
「天気」「奥さん」「釣り」の3つです!

この3つうちのどれかに、縦軸の焦点を当ててみるのです!

縦軸とはつまり深掘りです!


今の例でいくと、

天気について深堀していきますか?

奥さんについて深堀しますか?

釣りについて深堀しますか?






天気の深堀はこれ以上は難しそう。

そして釣りにもそこまで詳しくない。

ただ、奥さんとの話なら深堀してもよさそうだ、、。

となれば、



男性B「奥さんと釣りにですか?それはいいですね!ちなみにご結婚されて長いんですか?実は私も、、、。
と深堀をしながら共通点を見つけ出すことができます!!









また、質問をする際には、なぜそれを聞くのかなぜそれを知りたいのかを明確にしなければ、当たり障りのない質問に対して当たり障りのない返答をされ、先ほどのように「そうなんですね。」で終わってしまいます、、、。




はじめはお互いの共通点を見つけ出すこと目的に、縦軸と横軸の会話を考えていくとよさそうですね(*'▽')








興味深く使える知識を話そう



雑談では、面白い人だと思ってもらうために、頑張って面白いことを言おうとしたりすることはありませんか、、、。




私は、あります
面白いと思ってもらい、好きになってもらいたいんです。





ただ、人は面白い人のことを好きになるのでありません。
自分のことを面白いと思ってもらえる人のことを好きになるのです。





さらに、笑いが起こる話は記憶に残りにくいといわれております。




そのため、笑いを取ろうと頑張ることは全くの無駄ということですね笑





なので、面白い話をすることを心掛けるのではなく、興味深く、使える知識を話すことを心掛けることが重要なのです!!



興味深く、使える知識は記憶にも残りやすいので、相手に自分のことを印象付ける効果もあります。



ただ、知識をひけらかすだけではただの「うんちく好き」となるので非常につまらない人間となってしまいます、、、。




そうならないよう、相手が興味のありそうなテーマを準備し、明日にでも試したくなるような旬の話題である情報収集を幅広く集めておく必要があります(*'▽')





例えば、
「流行りの〇〇ストレッチ」

「おうち時間の過ごし方」
などですかね!!





ただの雑談と甘く見ずに、いかに事前に相手や旬の情報が取れているかが重要ということですね(*'▽')










何か特別なことをされているのですか?



会話をもっと盛り上げるには、相手のテンションを上げてあげることが大切です。

自分がこだわりを持っている話をするときなど、楽しくなりませんか??

そしてもし、その自分のこだわりについて興味を持ってくれている人がいたら??

想像しただけでテンション上がりますよね!!

5005



『何か特別なことをされているんですか?』



という質問で相手のこだわりなどをヒアリングすることができます。


相手は思わず「実は、、、、。」と話し始めてくれちゃいます!!



また、相手の情報を元に、良い意味で印象と異なっているテーマに対して深掘りすることを意識するとよりたくさん話してくれるようになります!!





例えば、
「〇〇は意外でした。何か特別なことをされていたのですか?」など。
この質問ができれば「実は、、、」と相手のパーソナル情報をさらに聞き出すことができ、心を開いてくれやすくなります(*'▽')







NGワード「ところで本日は~」



商談前の雑談をする際に、「ところで本日は~」と会話を改めて区切ることは最悪の出だしです。



せっかく上がっていたテンションが一気に冷めてしまいます、、、。





本題は、雑談のキーワードからスムーズに入ることがベストです!!




「今のお話を伺っていてお力になれると思ったのですが、、、」
「まだ雑談をし続けたいですが、ちょうどいいキーワードが出たので本題に、、、。」
という流れで商談に入りましょう!!!

本題に入ることができるキーワードを引き出すための質問を用意しておくことが重要ですね!(*'▽')


【スポンサーリンク】 


今回は意外と馬鹿にできない雑談のポイントについて解説してきました。

初対面の人と、何話せばいいだろうと恐怖している方にとってためになれば幸いです(^^♪


それではまた!!

このページのトップヘ