【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



雑談のコツ



雑談しなきゃ、、、、。

という恐怖は雑談のコツを知っているかどうかで変わります!!






雑談力は、人間関係に大事なポイントの1つだと思いますので、今回は雑談のコツについて解説していきます!!







横軸と縦軸の会話



まず初めに、雑談は当り障りのないものでも十分です!!
天気の話、ニュースの話、お互いが知っている当り障りのない会話から始めていきます(*'▽')



当り障りのない会話の中で、1つのテーマのみで会話を展開するのではなく、複数のテーマに移行しながら気になるとところが出てくれば深掘りしていくことで、会話は勝手に盛り上がります!!



これが横軸の会話と縦軸の会話ですね(*'▽')


横軸の会話:複数のテーマに話題が移行すること。

縦軸の会話:1つのテーマを深堀していくこと。




例えば、
男性A「最近ずっと晴れてますね!GWはどこかへ行かれたのですか?」
この会話は横軸ですね!!


天気の話休日の過ごし方の話。2つテーマが出てきました。





その回答として、
男性B「いい天気が続いてますよね。GWは奥さんと釣りに行ったんですよ!」


と返ってきました。


男性A「へ~。それはいいですね!」

だと会話が終わってしまいます。



IMG_0669






それではつまらないので、次は縦軸を考えてみましょう。

縦軸とは、質問を続けて内容を深く知っていくことです。

今の例でみてみると、
この会話の横軸となっているテーマは、
「天気」「奥さん」「釣り」の3つです!

この3つうちのどれかに、縦軸の焦点を当ててみるのです!

縦軸とはつまり深掘りです!


今の例でいくと、

天気について深堀していきますか?

奥さんについて深堀しますか?

釣りについて深堀しますか?






天気の深堀はこれ以上は難しそう。

そして釣りにもそこまで詳しくない。

ただ、奥さんとの話なら深堀してもよさそうだ、、。

となれば、



男性B「奥さんと釣りにですか?それはいいですね!ちなみにご結婚されて長いんですか?実は私も、、、。
と深堀をしながら共通点を見つけ出すことができます!!









また、質問をする際には、なぜそれを聞くのかなぜそれを知りたいのかを明確にしなければ、当たり障りのない質問に対して当たり障りのない返答をされ、先ほどのように「そうなんですね。」で終わってしまいます、、、。




はじめはお互いの共通点を見つけ出すこと目的に、縦軸と横軸の会話を考えていくとよさそうですね(*'▽')








興味深く使える知識を話そう



雑談では、面白い人だと思ってもらうために、頑張って面白いことを言おうとしたりすることはありませんか、、、。




私は、あります
面白いと思ってもらい、好きになってもらいたいんです。





ただ、人は面白い人のことを好きになるのでありません。
自分のことを面白いと思ってもらえる人のことを好きになるのです。





さらに、笑いが起こる話は記憶に残りにくいといわれております。




そのため、笑いを取ろうと頑張ることは全くの無駄ということですね笑





なので、面白い話をすることを心掛けるのではなく、興味深く、使える知識を話すことを心掛けることが重要なのです!!



興味深く、使える知識は記憶にも残りやすいので、相手に自分のことを印象付ける効果もあります。



ただ、知識をひけらかすだけではただの「うんちく好き」となるので非常につまらない人間となってしまいます、、、。




そうならないよう、相手が興味のありそうなテーマを準備し、明日にでも試したくなるような旬の話題である情報収集を幅広く集めておく必要があります(*'▽')





例えば、
「流行りの〇〇ストレッチ」

「おうち時間の過ごし方」
などですかね!!





ただの雑談と甘く見ずに、いかに事前に相手や旬の情報が取れているかが重要ということですね(*'▽')










何か特別なことをされているのですか?



会話をもっと盛り上げるには、相手のテンションを上げてあげることが大切です。

自分がこだわりを持っている話をするときなど、楽しくなりませんか??

そしてもし、その自分のこだわりについて興味を持ってくれている人がいたら??

想像しただけでテンション上がりますよね!!

5005



『何か特別なことをされているんですか?』



という質問で相手のこだわりなどをヒアリングすることができます。


相手は思わず「実は、、、、。」と話し始めてくれちゃいます!!



また、相手の情報を元に、良い意味で印象と異なっているテーマに対して深掘りすることを意識するとよりたくさん話してくれるようになります!!





例えば、
「〇〇は意外でした。何か特別なことをされていたのですか?」など。
この質問ができれば「実は、、、」と相手のパーソナル情報をさらに聞き出すことができ、心を開いてくれやすくなります(*'▽')







NGワード「ところで本日は~」



商談前の雑談をする際に、「ところで本日は~」と会話を改めて区切ることは最悪の出だしです。



せっかく上がっていたテンションが一気に冷めてしまいます、、、。





本題は、雑談のキーワードからスムーズに入ることがベストです!!




「今のお話を伺っていてお力になれると思ったのですが、、、」
「まだ雑談をし続けたいですが、ちょうどいいキーワードが出たので本題に、、、。」
という流れで商談に入りましょう!!!

本題に入ることができるキーワードを引き出すための質問を用意しておくことが重要ですね!(*'▽')


【スポンサーリンク】 


今回は意外と馬鹿にできない雑談のポイントについて解説してきました。

初対面の人と、何話せばいいだろうと恐怖している方にとってためになれば幸いです(^^♪


それではまた!!