脳みそ筋肉サラリーマンblog

【フォーマット】
【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



お金のパズル

IMG_0333


誰もが気になるお金の話^ - ^

ただ、お金の話は言葉で説明すると難しく感じます、、、。

決算書の読み方もわならない、、、。

子供の頃からお金についての勉強を深くして来なかったので仕方ないです、、、。

ただ、お金が残る仕組みを理解できなければ知らない間に損をする可能性もあり、非常にもったいないです( ;  ; )

お金の仕組みを理解する上で有効に使えそうなのが、 お金のパズル!

これを駆使すれば、お金が残る仕組みを理解することができる!!

お金のパズルがあれば、小難しそうな決算書を1から読む必要もありません!!










お金のパズルとは


お金パズル



売上を100万円とすると、 売り上げるための変動費(材料費などの仕入れ)がいくらかかっており、(40万円) 粗利(その残りの利益)がどれくらい確保できたかが図で分かります。

上図の場合、粗利が60万円残っていますね(^^♪

また、 粗利を出す為にかかる固定費(人件費など)がどれくらいかかかっていて、(40万円) それらを差し引いて残る利益がいくら残り、(20万円) そこから払われる税金と借入などの返済をすれば、 余剰資金(自由に使えるお金)がいくら残るのかが理解できます。

上図の場合、余剰資金(自由に使えるお金)は8万円ですね!!

例えば、新しい人を雇いたい! となれば、新たな支出が出てきます。

その際に、8万円で足りるのだろうか、、、。

ということが明確にわかりますよね(^^♪

もっと余剰資金(自由に使えるお金)増やさなければいけないのであれば、 支出(出ていくお金)を押さえなければいけないのか、 売上(入ってくるお金)を増やさなければいけないのか、 どうやって増やすのか、、、。

を細かく分けると、何をしなければいけないのかが見えてきます!!

方向性を決めていく上では非常に重要なポイントですね!!

※補足
【お金が入ってくる項目】
◆売上
◆粗利
◆余剰資金

【お金が出て行く項目】
◆変動費
◆固定費(人件費、その他経費)
◆税金
◆借入などの返済


お金のパズルを使う意味




この図の仕組みが理解できれば、上記で解説した通り、 お金を残すにはどこを調整すれば良いのかすぐに分かります!!

余剰資金(自由に使えるお金)を増やすためには、お金が出て行く項目のうち、何をどの程度減らせそうか、 売上を上げら必要がありそうであれば、どのような活動をすれば良いかをイメージしやすくなります。

また、売上を上げるにしても、 ・客数(商品を買ってくれる人の数)を増やすのか ・商品単価(商品の価格)を上げるのか ・リピーター(商品を買ってくれる頻度)を増やすのか など、売上の上げるための方法を細かく分けると自分が取るべき戦略が見えてきます^ - ^

まずは現状を図でイメージし、理解することが重要です!

一般的に、経営者が気にしていることの代表的なものとしては、
①適正な採用人数
②借入の限度額
③最低限必要な目標数値の設定
この3つがあげられます。

つまり、使えるお金の上限はいくらかということです^ - ^

これらの項目をブロックパズルを用いて具体的な数字を書き出してみると、使えるお金の上限が見えてきます。

ここでは経営者の視点での話がメインでしたが、会社のお金流れと個人のお金の流れも同じなので、個人の家計を見ていく上でも有効に活用できそう!

家計簿ならぬ、家計パズルはこのようなイメージでしょうか( ゚Д゚)

お金パズル 個人




自由に使えるお金もっと欲ちい!!!!!!


【スポンサーリンク】 


今回は以上ですか(^^♪


それではまた!!


【フォーマット】
【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



気持ちの良い話し方



ビジネスの場面ではとにかくコミュニケーションが大事です。 本日はコミュニケーションにかかわる「話し方」に絞って解説していきます。









話し方は聞く力で決まる


5005


話すのに聞く力?と思いますよね。

実は、相手の話を聞こうと思える人は、自分の話を聞いてくれる人なのです。

そのため、どれだけ上手に話せたとしても、相手が自分の話を聞いてくれる状態になっていなければ全く意味がありません!!

なので、まずは相手に気持ちよく話してもらい、自分の話も聞いてくれる状態を作るために、聞く力が重要なのです。

聞く力を身に着けるうえで、重要なポイントをお伝えします。


①感嘆

へぇー!はっは~ん!そうだったんだぁ~!という相槌のことですね。

話しながら、顔文字つけているイメージと伸ばし棒をつけることがコツです(*'▽')

人は、自分に共感してくれる人、認めてくれている人のことを好きになるのです。

なので、「私のはなしが面白いと思ってもらえているな!」ということをわかってもらうことが重要です。


②共感

相手の感情に寄り添いましょう。

「それは大変でしたね。」「それはワクワクしますね」など、感情を共有することも非常に大切です。

「このひと私のことわかってくれているな。」と思ってもらえることがポイントです。

男性A「昨日さ、お風呂場のお湯が出なくなったんだよ~。」

男性B「そんなことがあったんですか。それは大変でしたね、、、。」
というのか
男性B「へ~、、。大したことないね。」
というのか

この後男性Aが男性Bの話を聞くとすると、どちらの反応をとったほうがよさそうかはもうお分かりですよね^^;


③賞賛

感嘆し、素敵なリアクションをとった後は相手のことを賞賛します。

それも具体的にです!!
「すごいですね~。」だけではいけません! 何がすごいのか、なぜすごいと思ったまで伝えましょう!!

そうでなければ褒められた気になりません!! 「

え~!!握力80Kgもあるんですか??成人男性が50Kgほどなのにそんなにあるんですか?リンゴ潰せるほどの握力がある人初めて見ましたすごいですね!」

くらい賞賛すれば言われた本人はとろけてしまうでしょうか。

また、ほめる際に「やっぱり○○ですね!」というのも効果的です。

唐突にほめられるとお世辞を怪しまれますが、「やっぱり」をつけることで、普段から思ってくれていたんだと感じてもらえます。

内容は置いておいて、具体的にほめるということが重要なのですね(*'▽') ④質問 最後は質問です!! 「それでどうなったの??」「なんでそうなったの?」などなど。

相手の話に興味がありますということをアピールするのです!! その続きが気になる!もっと深く聞きたい! 質問をし、相手の話を広げることが重要です。

質問をすることで、「あ、この人自分に興味を持ってくれてるんだな」と思えばどんどん話したくなりますよね!! ①~④の手順を踏んで「私の話を聞いてくれる人」というポジションを確立させましょう(*'▽') そうすることで、自分の話も聞いてくれるようになります。

人は、自分のことをわかってくれる人のことを好きになるのです(*'▽')


自己紹介の仕方


IMG_0667

相手のことを知ることができれば今度は自分の番です。

自分のことを知ってもらうには、自己紹介の流れを決めておくとよいでしょう。

ただ、自己紹介と言っても準備をしておかなければ自分のことなのにうまく話せなくなります。

なので、自己紹介の準備をするための2つのポイントを紹介します。


①自分史を書く

この世に生を授かってから現在に至るまで何をやってきたのかを整理し、文章にします。

あまり細かく書く必要はありません。

いままでどんなスポーツをやっていたのかや、どんな勉強をしたのかなど簡単に書くことがコツです。


②自分史と現在をつなげる

過去いろんな経験の中で何を感じ、なにをきっかけとして現在の仕事に就いたのかを自分史の中に付け加えます。

「小学生の頃、Jリーガーになりたくてサッカーを始めたのですが、怪我に苦しんで思うようにサッカーができなかったんです。

その経験から怪我で苦しむ選手を救いたいと思い接骨院の先生になったんです」 という感じでしょうか。

単に、「昔はサッカーやってまして。今は接骨院の先生です。」だけだと、面白みがないですよね。

ひとつひとつの出来事に対して、「なぜそうなったのか」「なにかきっかけがあったのか」を深堀しつつ、現在とつなげることが重要です。

この2つのポイントを押さえておけば、自分のこともうまくはなすことができるようになりますね(*'▽')


【スポンサーリンク】 


今回は以上ですか(^^♪


それではまた!!

【脳筋×ビジネス】 


脳筋でも知っておきたいビジネス用語! 




今日のテーマ!!



雑談のコツ



雑談しなきゃ、、、、。

という恐怖は雑談のコツを知っているかどうかで変わります!!






雑談力は、人間関係に大事なポイントの1つだと思いますので、今回は雑談のコツについて解説していきます!!







横軸と縦軸の会話



まず初めに、雑談は当り障りのないものでも十分です!!
天気の話、ニュースの話、お互いが知っている当り障りのない会話から始めていきます(*'▽')



当り障りのない会話の中で、1つのテーマのみで会話を展開するのではなく、複数のテーマに移行しながら気になるとところが出てくれば深掘りしていくことで、会話は勝手に盛り上がります!!



これが横軸の会話と縦軸の会話ですね(*'▽')


横軸の会話:複数のテーマに話題が移行すること。

縦軸の会話:1つのテーマを深堀していくこと。




例えば、
男性A「最近ずっと晴れてますね!GWはどこかへ行かれたのですか?」
この会話は横軸ですね!!


天気の話休日の過ごし方の話。2つテーマが出てきました。





その回答として、
男性B「いい天気が続いてますよね。GWは奥さんと釣りに行ったんですよ!」


と返ってきました。


男性A「へ~。それはいいですね!」

だと会話が終わってしまいます。



IMG_0669






それではつまらないので、次は縦軸を考えてみましょう。

縦軸とは、質問を続けて内容を深く知っていくことです。

今の例でみてみると、
この会話の横軸となっているテーマは、
「天気」「奥さん」「釣り」の3つです!

この3つうちのどれかに、縦軸の焦点を当ててみるのです!

縦軸とはつまり深掘りです!


今の例でいくと、

天気について深堀していきますか?

奥さんについて深堀しますか?

釣りについて深堀しますか?






天気の深堀はこれ以上は難しそう。

そして釣りにもそこまで詳しくない。

ただ、奥さんとの話なら深堀してもよさそうだ、、。

となれば、



男性B「奥さんと釣りにですか?それはいいですね!ちなみにご結婚されて長いんですか?実は私も、、、。
と深堀をしながら共通点を見つけ出すことができます!!









また、質問をする際には、なぜそれを聞くのかなぜそれを知りたいのかを明確にしなければ、当たり障りのない質問に対して当たり障りのない返答をされ、先ほどのように「そうなんですね。」で終わってしまいます、、、。




はじめはお互いの共通点を見つけ出すこと目的に、縦軸と横軸の会話を考えていくとよさそうですね(*'▽')








興味深く使える知識を話そう



雑談では、面白い人だと思ってもらうために、頑張って面白いことを言おうとしたりすることはありませんか、、、。




私は、あります
面白いと思ってもらい、好きになってもらいたいんです。





ただ、人は面白い人のことを好きになるのでありません。
自分のことを面白いと思ってもらえる人のことを好きになるのです。





さらに、笑いが起こる話は記憶に残りにくいといわれております。




そのため、笑いを取ろうと頑張ることは全くの無駄ということですね笑





なので、面白い話をすることを心掛けるのではなく、興味深く、使える知識を話すことを心掛けることが重要なのです!!



興味深く、使える知識は記憶にも残りやすいので、相手に自分のことを印象付ける効果もあります。



ただ、知識をひけらかすだけではただの「うんちく好き」となるので非常につまらない人間となってしまいます、、、。




そうならないよう、相手が興味のありそうなテーマを準備し、明日にでも試したくなるような旬の話題である情報収集を幅広く集めておく必要があります(*'▽')





例えば、
「流行りの〇〇ストレッチ」

「おうち時間の過ごし方」
などですかね!!





ただの雑談と甘く見ずに、いかに事前に相手や旬の情報が取れているかが重要ということですね(*'▽')










何か特別なことをされているのですか?



会話をもっと盛り上げるには、相手のテンションを上げてあげることが大切です。

自分がこだわりを持っている話をするときなど、楽しくなりませんか??

そしてもし、その自分のこだわりについて興味を持ってくれている人がいたら??

想像しただけでテンション上がりますよね!!

5005



『何か特別なことをされているんですか?』



という質問で相手のこだわりなどをヒアリングすることができます。


相手は思わず「実は、、、、。」と話し始めてくれちゃいます!!



また、相手の情報を元に、良い意味で印象と異なっているテーマに対して深掘りすることを意識するとよりたくさん話してくれるようになります!!





例えば、
「〇〇は意外でした。何か特別なことをされていたのですか?」など。
この質問ができれば「実は、、、」と相手のパーソナル情報をさらに聞き出すことができ、心を開いてくれやすくなります(*'▽')







NGワード「ところで本日は~」



商談前の雑談をする際に、「ところで本日は~」と会話を改めて区切ることは最悪の出だしです。



せっかく上がっていたテンションが一気に冷めてしまいます、、、。





本題は、雑談のキーワードからスムーズに入ることがベストです!!




「今のお話を伺っていてお力になれると思ったのですが、、、」
「まだ雑談をし続けたいですが、ちょうどいいキーワードが出たので本題に、、、。」
という流れで商談に入りましょう!!!

本題に入ることができるキーワードを引き出すための質問を用意しておくことが重要ですね!(*'▽')


【スポンサーリンク】 


今回は意外と馬鹿にできない雑談のポイントについて解説してきました。

初対面の人と、何話せばいいだろうと恐怖している方にとってためになれば幸いです(^^♪


それではまた!!

このページのトップヘ